2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
休日
 
 
 
 
 
 
 

トップ > 単品アイテム > 終了ボックス

終了ボックス 終了ボックス
終了ボックス 終了ボックス
拡大画像

終了ボックス

ボードから剥がしたカードフォルダーを入れるためのボックスです。

通常は、終了したタスクの絵カードを入れるためにこのボックスを使います。

 

コバリテユニットボードにピッタリ着くように、この終了ボックスは設計されています。

サイズ:19.2 x 5.1 x 2.7 (cm)

商品コード : KOBARITE-FB-01
製造元 : 古林療育技術研究所
価格 : 1,620円(税込)
数量
 

日本製

4,860円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

自閉症のお子さんへの視覚支援では、イラストや文字で示された手順書を用いて、生活スキルを教えていきます。

 

1) 一つの生活スキルを小さな行動に分解して手順を作ります。
2) その手順をイラストや文字のカードにしていきます。
3) 出来上がったカードは、手順書のボード上に順番に貼ります。

 

お子さんが、その生活スキルを実行するときには、
ボードを見ながら、

 

・ボード上の一番上のカードの行動を実行します。

 

その行動ができたら、

・カードをボードから剥がし、終了ボックスに入れます。

 

次は、

・ボード上の一番上のカードの行動を実行します。
(最初のカードは既に剥がされているので、2番目のカードが一番上にある)

 

その行動ができたら、

・カードをボードから剥がし、終了ボックスに入れます。

 

その次も同様に、

・ボード上の一番上のカードの行動を実行します。
(1番目2番目最初のカードは既に剥がされているので、3番目のカードが一番上にある)

 

その行動ができたら、

・カードをボードから剥がし、終了ボックスに入れます。

 

とやっていくと、一つの生活スキルを自分の力で出来るようになります。
終わった行動のカードを入れるための保管箱が、終了ボックスです。
 


自閉症 視覚支援 コバリテ 終了ボックス

自閉症 視覚支援 コバリテ 終了ボックス
 

ページトップへ